22日は久しぶりに琵琶湖を見たいこともあり、1日遠出をすることにした。

琵琶湖北か湖東にするか、湖西の山にするかと地図を見ながら考えていたら、娘から「ゆるキャラの火つけ役となった「彦にゃんを」を見に行きたいと言われた。
ネット検索すると、彦にゃんの登場時間が1日三回あることが分かり、1時30分〜2時の二回目を見ることにした。

b55889c6.jpg祝日終了前日の10時半には京滋バイパス久御山淀インターから高速に入ると、名神合流点が一車線しかないためゆっくりしか走れない。結局彦根インターを降りたのは12時半。彦根城の駐車場もなかなか入れず。
家族を先に降ろしていたので、家族は会場の彦根城博物館では二列目を確保していた。





06b90005.jpg僕が会場にたどり着くと、入り口の門を閉め12時20分に早めるとのアナウンスがあった。いよいよ彦にゃんの登場です。会場からは拍手や歓声があがる。回廊をいったり来たり動き、3方向に向けてポーズ。これがなかなかの演技で、観客みんなが楽しんでいました。
10分で入れ替えになり、外に出ると、並んでいる人の列は城への橋を越えて大勢でびっくり。
会場での案内は的確であり、観客の目線で誘導などされ、こんでいとも問題なく安心していられました。


彦にゃんを見るだけなら入城無料、駐車場代400円でした。
わざわざ見に行きましたが、家族みんな大満足でした。
肝心の城の天守閣は90分待ちで、次回にお預けです。

この後、町に出て、お目当ての蕎麦や「門前」で並んで遅い目の昼食。評判通りの美味しい味でした。