09bcbee7.jpg
8c5903d4.jpg
22日は新幹線の事故運休のあおりを食らい、長崎とんぼ返りするつもりが長崎に泊まった。NHK大河ドラマ「龍馬伝」が長崎に舞台を移すこともあり、行けずじまいだった亀山社中跡や坂本龍馬の像を訪ねには良い機会となった。

当日予約したビクトリア・イン長崎(元ホリデイイン)は長崎駅から市電で「築町」駅で下車し、徒歩5分にあり、繁華街や中華街に大変便利。ビジネスホテルと異なり、バスタブが広く、部屋もゆったりしている。古いが、落ち着くホテルだった。朝食も野菜類が多くおいしい。場所的にも便利だった。

23日朝7時過ぎに、ホテルから丸山公園まで行き、亀山社中まで歩き出した。龍馬が丸山の料亭で飲んで騒いで、歩いたであろうと想像たくましくした約70分の歩き。寺町通りから龍馬通りと名付けたほとんどが階段をたかが100m上がるだけで、階段が続くので結構きつかった。

風頭(かぜがしら)公園まで上がるとさすがに眺めが良い。龍馬像は逆行で写真写りが悪いのは残念だったが、汗だくになって良い記念になった。