奥比叡ドライブウェイを走り抜け坂本に向かったのは、遅い目だが、鶴喜そばで食事をするため。
坂本 鶴喜そば

















延暦寺前の売店にも鶴喜そばがあったが、食べるならやはり本店ということで向かった。

 本店に着いたのは3時過ぎ。創業280年、本店の母屋は築130年近いそうだが、歴史を感じさせる建物を見るだけでもうれしい。

坂本 鶴喜 おろしそば大名おろしそばを頼んだが、やや太めに切った腰のある蕎麦はやはりうまい。

 










坂本 鶴屋益光の饅頭食べ終わって少し町を歩き、創業
100年の鶴屋益光でお饅頭を2種類、そばと栗饅頭を買った。門前町には食べ物屋やお菓子屋があるのが楽しい。









日吉大社
は入ったことが無いので、少し陽が陰ってきたけど、入場料を払って入ってみた。

坂本 日吉大社 境内への入口が狭いので、思ったより小さい神社というのが第一印象。しかし、案内をみると甲子園球場11個分という大きな敷地に牛尾山を含むのでずいぶん大きい。



八王子山(牛尾山)は比叡山の神が降り立つ神体山として崇められ、神仏混合のまま今に至っている。 歴史的にも京都の表鬼門に当たり、鬼門よけ、魔よけ、災難よけの社として知られ、天皇の行幸がなされるほど。


坂本 日吉大社 太鼓坂本 日吉大社 走井橋








境内を歩き、東本宮に来ると、拝殿では3人の若者が太鼓の練習に熱中している。その心地良い音色に調子を取りながら、走井橋までもどってきた。

坂本 日吉大社六角地蔵堂通りに面した鳥居をくぐってきたところにある、六角堂にも立ち寄った。早尾地蔵尊とも呼ばれ、比叡山の開祖伝教大師最澄上人自作の石地蔵尊と伝えられ、神社の敷地につながる異質の眺めだった。


ぶらぶらと古い坂本の町並みと日吉大社の紅葉を最後に、今回の比叡山〜坂本の紅葉探索も終了したが、思ったより素晴らしい紅葉を楽しめた。