2月10日は長崎からJR快速電車で27分、「諫早」駅で下車し、知人の車で島原市に向かった。12時前に到着。地道を走るので結構時間はかかった。
島原市湊新地にある、漁人市場「とっとっと」で待ち合わせ。この店は地元の水産物加工組合が経営している。いけすに泳いでいる魚を調理してもらうこともできる。

sCIMG2924














この建物はおよそ150年から200年前に島原藩主松平家の
米蔵として使われていた三棟の内の一棟で、「殿(とん)さん蔵」
として地元に親しまれていた貴重な建物。
sCIMG2938














蔵の椅子や梁は壊された一棟の建材を再利用している。
内部は天井がものすごく高く、奥にはピアノも置いている。

sCIMG2932











sCIMG2933
最近人気のロースト・オイル・サーデンと
カキのグラタン風カナッペを食べたが、ちょっと驚いた。
ちゃんとした洋風の味がこんな田舎で食べられるとは。
荒木シェフはホテルオークラのフランス料理のシェフを
していたそうで、道理でうまいはずだ。

昼食は洋食コースを食べることにした。
食器類の多さにも驚いた。もちろん、箸でもいける。
sCIMG2934










sCIMG2935










sCIMG2936










sCIMG2937









オードブル三種、メインの海老・ほたて・すずきかな
魚の三種 海老のソースで。野菜サラダ。
そして、デザートもかわいらしい。
これはもう食べないと損なほど。

長崎の豊富な海の幸がたっぷりの昼食に大満足。
大阪からは遠いが、ぜひまた来て見たい。