仙台での同期会に合わせて、銀山温泉に前泊したときの写真です。

image
10月17日、大阪空港から仙台空港までのフライトでは冠雪した富士山を見て、機内は歓声があがった。いつ見ても美しい。

image

仙台空港から借りたレンタカーは、ホンダFITハイブリッド。赤いランプがなんだか格好良く、楽しいドライブ。目指すは山形県銀山温泉。

image

暗くなったので駐車場がどこか分かりにくく、この日のお宿に電話するも多少ウロウロ。

image
憧れていたこの幻想的ですらある、ランプが灯る光景が目の前にある。

image
今晩の宿泊はわずか4室しかない「お宿やなだ屋」。二階の部屋からの眺めも素敵ですね。早速熱〜い温泉に。水で薄めながら、そろりそろり。いい、わずかに硫黄の匂いがする泉質です。

image
この宿の自慢は何と言っても腹一杯になる夕食。18時半から開始。まずは期待通りのプレゼン。膳かな。

image

この宿自慢の海老しんじょう。確かにうまい。

image

















最初にしゃぶしゃぶを食べて、また肉。ステーキも無事食べれました。

image

キノコをふんだんに使った煮物も素朴な味でした。

image


そろそろ締めに入り、ご主人が打った蕎麦。

image

締めは地元のご飯と味噌汁ならぬなめこ汁。少しだけどお米も食べてパンパンに。

image

どこに行っても見知らぬところでは早朝の散歩が楽しみ。温泉街のはずれにあるピンクハウスはどこか懐かしいお土産や。カリーパンが売りでした。

image

温泉街の奥への散策路を歩くとすぐに見える白銀の滝。

image

銀山温泉は延山銀山の名前に由来があり、昭和10年にかけられた石橋もぎんをはこんだのかと想像するのが楽しい。

image

斎藤茂吉の歌碑があった。昭和21年から1年10ヶ月滞在した時に詠んだそうだ。

蝉のこゑ ひ々かうころに 文殊谷
吾もわたりて 古へおもほゆ

銀が算出した時代の活気ある賑やかさを表現したようだ。(銀山温泉ホームページより)

image

朝の散歩、朝風呂の後の朝食は、ボリュームたっぷり、ご飯と漬物と味噌汁だけでも良いくらいでした。

image

目に焼き付けておきたい銀山温泉です。

image

各旅館のこて絵が印象的。

image

古山閣の建物そのものがアートですね。

image


















銀山温泉は銀が枯渇して寂れた銀山麓の町、その温泉を活用した湯治湯としてやってきた雰囲気が今も残り、またいつか来たいところでした。