銀山温泉から松島に向かった。
二つ森など、雄大な山々を見ながら宮城県に抜けていく。
image






途中の道の駅「おおさと」に立ち寄り、何か探し。
image



昨夜も食べた菊の花がどっさり。
image


ずんだ豆など、さすがいろいろ餅がある。
image

約2時間のドライブで松島に到着。逆方面から入ったので割とスムーズだった。
image

瑞巌寺は昔の記憶と違い松島海岸のすぐそばだった。
image

伊達政宗など伊達家の菩提寺、瑞巌寺に入る。
image

陽徳院御霊屋(おたまや)は豪華絢爛に復元された伊達政宗の正室・愛姫(めごひめ)の墓堂。
image

現在は本堂が改修中だったのは残念だが、代わりに庫裏から見学。
image

瑞巌寺洞窟群は「奥州の高野山」と言われた聖地でもある。
image


西国33観音霊場は松島でも江戸時代後期に設置されたそうだ。
image

海岸に出て、松島のシンボル「五大堂」まで歩く。
image

五大堂から海を見ると、小島が連なっている。
image

松島復興ギャラリーを見ると、矢印が津波の高さを示す。高さ160cm程度か。
image

ふたたび海の見えるところから写したが、良い眺めです。
image

塩釜の浦霞本店に立ち寄り、県内でしか買えない酒を買いました。
image




















この後、仙台に向かった。