西舞鶴から和紙の里として知られる黒谷など山間部を40分走り福知山へのバス旅。

若宮酒造は酒蔵らしいたたずまい。












広い建物に入り、3種類の利き酒セット(500円)のチケットを購入。












京綾部ホテルのチーズ風豆腐や鳥皮揚げ焼きそばも。












3種類の利き酒セット。












FMいかるのDJの声と音楽が心地良い。 







  



杜氏による酒蔵案内も始まりました。












次の、福知山市にある東和酒造行きのバス待ちも酒談義で話が弾む。
2人の立ち席も出て25名が乗車。












東和酒造は隣の市なのに裏道を走ると意外に近い。バスの車中はかなりの盛り上がりで賑やかにぎやか。












バス停から細い道を歩き、東和酒造の敷地に入る。












所狭しと敷地にお店が並び、立ち飲みが楽しめる。3種類の酒が飲めるチケットを400円で購入し、あてにキュウリ漬けを買う。












酒の販売コーナーもたっぷり。












ハーモニカとボーカルに浸り、1便遅らせてさらに楽しむことに。 












無料のお酒もたくさんあり、あれこれ飲んでしまった。












福知山駅まで20分。












この日は与謝野町や京丹後市大宮町でも酒蔵がオープンしていますが、残念ながら交通手段がなく酒蔵巡りはこれで終わりです。

昨年はこんな風に回遊しました。
西舞鶴駅 10:15〜池田酒造10:30
池田酒造 11:00〜若宮酒造11:40l
若宮酒造12:20〜東和酒造12:40
東和酒造14:20〜福知山駅14:40

交通費は、締めて1200円。
いやあ、酒蔵巡りは楽しいですね。