4月28日は舞鶴トレイル倶楽部のメンバーに、海の京都DMO本部からの2人と一緒にお会いしました。












5/6(土)大浦半島で初開催の「みなと舞鶴とれとれトレイルラン」は、12月に募集してあっという間に定員に達して締め切ったそうだ。

ラン240名、ハイキング105名のエントリーがあり、大浦半島を舞台に海を眺め、林道を走り、歩くのは爽快だろう。












アスファルト道を出来るだけ使わず、昔の道を辿って道無き道を切り開いていったそうで、今は東舞鶴地区を整備中で全110kmのトレイルを開発したいとの熱〜いお話でした。


当日応援したい方も、駐車場代1000円払えばOK。新しい観光用のハイキングトレイルが海の京都観光圏全体に広がるのもそう遠くないかもしれませんね。