11月10日、安本クリニックで2013年に続いて大腸内視鏡検査を受けた。

前日は消化の良い食べ物を心がけ、夜9時に下剤をコップ1杯に溶かして飲むだけ。
京丹後市大宮での会議を終え、楠葉に19時に帰り、うどんを食べたところで、錠剤2個を付けた説明書がないことに気づいた。
今更クリニックに連絡も付かず、次回となるとまただいぶ先になるので、取りに行くことにした。舞鶴まで取りに戻ったのは余計だったがやむを得ない決断だ。
20時20分過ぎに出て、21時過ぎにSAで下剤を飲み、21時45分アパートに到着。人間ドックの報告書も探して、22時前に出発したが、帰りはやはり途中で眠くなる。いつの間にか睡魔が襲う。2度ヒヤリとするので南丹パーキングで一眠り。下剤効果かトイレにも行き排便を冷ましたりで、30分滞在し、自宅に帰ったのは24時前だった。

10日は7時に取りに帰った錠剤2個を飲み、9時から腸管洗浄液を1800mlの水に溶かして飲む。これがなかなかきついが、9時45分には飲み終える。




















10時58分のバスに乗るまで5回、くずは駅に着いてから2回、計7回トイレに駆け込み、何とかイ里れいな色になった。












クリニックに指定された23時45分過ぎに入る。血圧を測り、奥の部屋に案内された。今日は空いているので、13時頃には検査するだろうとのこと。カーテンで仕切ると個室風になる。

検査の前に診察を受ける。血圧手帳を見て、薬を飲んでるのか聞かれ、高血圧を治す気があるのかと怒るように問われる。検査結果が出るまで薬を渡すので、その時に次どうするか考えるよとのこと。糖尿は人間ドックを受け、食事と運動で治せるか考えようとも言ってくれる。1日のカロリーを2200kcalだそうだ。

着替える前にトイレに入り、看護婦さんに便の色を見せOK。着替えてしばらく待つ。



















検査室に呼ばれ、筋弛緩剤の注射と点滴の用意。いよいよ始まると思っていたら、いつの間にか寝ていて、何分経ったか分からないが、お尻がいじられているのに気づく。不思議な感覚で、快感ですらあるかも。

フラフラで個室に戻り、しばらくして、診察。腸内の説明を受け、ポリープを5個削除したとのこと。3mから6mの大きさで、びらん部分を生検し、結果は24日以降に来るようにとのこと。











着替えて、精算(3割負担で、26,350円)を済ませて、すぐに駅前に行くがふらついている。バスが来ていたので、すぐに自宅に帰った。とりあえず、ベッドで横になった。

夕食は300gのスープ。空腹を心配したけど、夜中に目覚めても大丈夫でした。











お持ち帰りの箱には後2食と間食用の粉末飲料がついていた。











朝食は3分粥とみそ汁。早くから寝ていたので腰がだるくなって、寝てられないので、買い物に付き合ったり。
昼食は鯛粥とすまし汁。良い香りだ。これで、指定食は終了。











午後はパソコンを開いて、夕方は軽く45分のウォーキング。戻って、間食の粉末ジュースを飲む。
夕食は素うどん。1玉では足らず、もう半玉を追加してもらう。











明日は普通の食事で良いが、禁酒はもう1日。