12月18日、宮津市街地に出来たイタリアンレストランACETOで懇親会。ACETOとはイタリア語で「酢」だと知った。

宮津市栗田(くんだ)にある飯尾 醸造は米を作り、酒からお酢をつくることで知られている。その飯尾 醸造が地元の食材を使ったイタリアンレストランを今年オープンした。













築140年の古民家を改修している。













今夜は特別に飲み放題プラン。ワインがうまそう。













まずは生ビールで乾杯し、白ワインからスタート。シチリアのインツォリア種で飲みやすい。






















アミューザはチョコレートならぬ紅芋酢を使っている。













オードブルは左回りで食べていくそうだ。













リゾット。













ここで、赤ワインに変更。同じくシチリア産のDON SARO ANTE ROSSOはしっかりした味で、ペッパーの香りが広がる。




















パスタ二種。













メインは5種類から、僕は鴨肉を選択。













デザート三種。













丹後をサンセバスチャンのような食の街にしたいという趣旨を読んでいたが、将来への思いを馳せながら、お酢を使ったイタリアンをいただきました。