半日の時間を利用して、チャオプラヤ川のボートに乗ろうと、BTS高架鉄道にアソーク駅で乗った。
IMG_6964

サパーンタクシン駅(Saphan Taksin Station)に向かった。
FullSizeRender

サパーンタクシン駅からすぐ。「サトーン船着き場」に向かった。入口のおじさんから2時間とか言われたが、45分でと言うと1人300バーツ×5人。これで、乗り場に向かった。
IMG_6969

英語ではいわゆるLong tail Boatと言う、派手なカラーだ。
FullSizeRender

ぶっ飛ばす、ジェットボートだ。
IMG_6974

尻が痛いほど飛ばしたり、緩めたりをエンジンと舵の繋がった一本でやる。
IMG_6981

しぶきがかなりかかった。
IMG_6984

チャオプラヤ川を走ること12〜3分で運河に入ってきた。
IMG_6988

運河巡りの始まりは、約1mの高低差を下げるまで待つこと。各ボートが待機するのを見るのも壮観です。
IMG_6989


扉が開いて、勢いよくボートが出て行く。
IMG_6995

おばさんが昔ながらの水や食べ物を売りにきて、ボートは折り返した。
IMG_7005

昔ながらの住宅が見える。
IMG_7008

運河こらチャオプラヤ川に向かう。
IMG_7010


IMG_7012

また、ここで待機。1m強水位が上がるのを待つ。
IMG_7013

ワット・ポーへの発着所で下船。
IMG_7015

ワット・ポーの船着き場まで結局1時間弱のジェットボート体験あり、運河巡りあり。充分楽しめた。