617日朝一番の上映を見た。前日に予め購入していたので、母も連れて良い席で観れた。


企業がリコール隠しを継続的にしていたという社会的題材で見応えがあった。エンディングでの、事件が解決して終わったシーンは企業との戦いに勝ってもどこか虚しく、桑田くんのテーマソングがその穴を埋めた。思ったより心にしみる歌だった。

IMG_0073


映画解説

人気ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの原作者として知られる池井戸潤のベストセラー小説を実写映画化。トラックの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が自社の無実を証明すべく、製造元の自動車会社がひた隠す不正を暴く闘いに挑む。メガホンを取るのは、『超高速!参勤交代』シリーズなどの本木克英監督。主人公を『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』などの長瀬智也が熱演する。


あらすじ

トラックの脱輪事故で主婦が亡くなり、整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、警察の執拗(しつよう)な追及を受ける。赤松はトラックの欠陥に気付き製造元のホープ自動車に再調査を要求するが、調査は進展せず自ら調査を開始。やがて大企業のリコール隠しを知った赤松は、会社や家族を守るため、そして自身の正義のため、巨大企業に立ち向かっていく。

シネマトゥデイ(外部リンク)