8月5日、11時35分上映をあらかじめネットで予約して東宝シネマくずはに入場。日曜に入るのは珍しいが、流石に観客は多い。

さて、待ちに待ったMI第6弾。文句なく楽しめた。それにしても、タイトルのシーンもすごいが、相変わらずイーサン・ハントはよく走らされる。
そして、ストーリーは意外な展開に。

IMG_1330


映画解説

イーサン・ハント率いるスパイチームの活躍を描いた人気シリーズの第6弾。複数のプルトニウムを盗んだ犯人をイーサンたちが追う。前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』に続いてクリストファー・マッカリーがメガホンを取り、トム・クルーズ、サイモン・ペッグらおなじみの面々が結集。飛行するヘリコプターにしがみついたり、ビルからビルへ跳躍したりするなど、トム渾身のスタントが今作でも見られる。


IMG_1329

あらすじ

盗まれたプルトニウムを用いて、三つの都市を標的にした同時核爆発の計画が進められていることが判明する。核爆発阻止のミッションを下されたイーサン・ハント(トム・クルーズ)率いるIMFチームは、犯人の手掛かりが名前だけという困難を強いられる。タイムリミットが刻一刻と迫る中、イーサンの行動に不信感を抱くCIAが放った敏腕エージェントのウォーカー(ヘンリー・カヴィル)が現れる。

シネマトゥデイ(外部リンク)