9月22日、高岡から路線バスで伏木に向かった。伏木は小矢部川の河口に面し、北前船で栄えた。

船頭や水主などの宿泊施設だった旧秋元家住宅は、時代が下るにつれて、廻船問屋として繁栄した。現在「伏木北前船資料館」として開館している。
IMG_2576

二階には望楼が唯一残る。
IMG_2577

全国でも珍しい女仲仕のために保育園が作られたそうです。
IMG_2580

宴会の歌声が聞こえるようでした。
IMG_2581

大鍋を何に使ったか聞いたけど忘れてしまった。
FullSizeRender

細い階段を頭を下げながら上がった。
IMG_2584

望楼からは遠くの海が見渡せる。船が見えると宴会の用意をしたそうだ。
IMG_2585

蔵は資料館として使われている。
IMG_2592
IMG_2594
IMG_2596

船箪笥は大切な資料やお金を入れていたので、防水が施されている。
IMG_2600
IMG_2609
IMG_2610

帰路、地元の祭りで子供達が一軒ずつ訪問していた。
IMG_2616
IMG_2617

伏木駅前には義経と弁慶の像があり、
「如意の渡」のシーン。
IMG_2620

伏木駅。
IMG_2621

藤子不二雄ワールドだ。
IMG_2623

短い時間だったが、北前船で栄えた町を見ることができた。