4月25日、岡山県の旧山陽道沿いの矢掛宿。
まずは矢掛駅に立ち寄る。
IMG_3238

町役場に産業観光課を訪ねる。
IMG_3239

そのあと、今夜の宿・矢掛屋にチェックイン。
IMG_3253

長屋門を使った「銀杏の間」に案内してもらう。
IMG_3248

初めての古民家というか長屋門の宿泊体験。
IMG_3247

落ち着いたので夕食まで街道筋を歩く。
IMG_3257

旧山陽道の宿場町で趣がある。
IMG_3258

街道沿の建物はそれぞれ奥が深い。古民家を改修したお店が少しずつ増えている。
ここはお香の店「丸希」。
IMG_3259

奥に抜けると、「あかつきの蔵」。
IMG_3261

ここはあかつきの「蔵INN」。
IMG_3263

それぞれの建物にはこんな昔の建物を紹介しているパネルがある。
IMG_3266
IMG_3267

比較してみるのも面白い。
IMG_3271

交譲会館は昭和3年築。母と同い年だ。
IMG_3272

脇本陣高草家住宅は夕方で閉まってた。
IMG_3273

骨董品やと満点茶屋が並ぶ。
IMG_3274

お菓子処「清邦庵」を覗く。
IMG_3276

なんともレトロな建物。
IMG_3275

やかげ郷土美術館前まで歩いた。
IMG_3284

歩き疲れて座り、買っておいた和菓子を食べる。この異空間がなんとも気持ちが良い。
IMG_3285

矢掛町は古民家を次々に改修し、泊まる施設もでき、観光客が増えたそうです。