松本から飛騨に抜けて走るのは2年ぶり。今回は高山ではなく、飛騨市古川町だった。

IMG_4990

奈良出身と以前聞いたことがある山田拓さんが古川町に移住し、外国人向けにガイド付き「里山サイクリングツアー」を始めていたが、宿泊サービスも提供すると知り、コロナ渦で周遊が気になったが古川に足を伸ばした。
IMG_4996

宿泊したのは「SATOYAMA STAY弐之町」。古民家の跡地に町家を地元の職人に全て任せ新築。技術の継承や衰退する地域貢献を考えたそうだ。
IMG_5070

障子やふすま、灯り取りなどどれも木や和紙をふんだんに使っている。技術の継承の狙いも持つ。ホテルではないが、かなり快適な作り。
IMG_5007

IMG_5004


IMG_5066


IMG_5068


IMG_5013

IMG_5015

IMG_5054

IMG_5055

テラスがまた良い。
IMG_5056

クラウドファンドがすぐ集まった奥にある「蔵」家も完成まじか。
IMG_5058
近くにも「SATOYAMA STAY殿町」を再生し、2軒が完成。今後さらに分散型ホテルを目指す。


泊まりたくなる素敵なホテルを作ったり、古民家を活かしゲストハウスを作る動きが地方で広がっている。そんなエネルギーを体感した旅でもあった。


今回の信州への旅は、人と出会い、新旧の宿に泊まるのが目的だった。

「松本十帖」と言い、「SATOYAMA STAY弍之町」も何せ素敵でした。
そして、「松本ホテル花月」のクラシカルな雰囲気。Go To トラベルの特典を活用して、異なる3タイプへの宿泊は得難い体験となった。