11月18日、「シークエンス京都五条」宿泊。
チェックイン17時、アウト14時、朝食がチェックアウトまで何回でも食べれる「エニタイム・ブレックファースト」に驚く。


ロビーやフロアーも部屋も落ち着いた雰囲気で夜のモードか。
IMG_7149
IMG_7157


この部屋はダブルサイズ。枕元にタブレット。

IMG_7159
IMG_7155


テレビがないと思ったらタブレット型。
IMG_7151


シャワーのみ、トイレとは別。
IMG_7154

この日はオンラインセミナーを受けるため、チェックイン後、急いで吉野家とコンビニで夕食と飲み物を仕入れ、セミナーに遅れて参加。机の上のスタンドと言ったり座れる椅子が仕事にも向く。終わったのが21時だったので、ラウンジとサウナ・風呂には入らず部屋のシャワーにしたが、翌日は2度目の朝食を取るために昼に戻り、チェックアウトした。

恐竜のディスプレイに驚く。
IMG_7256


朝食は全て運んでくれる。急ぐ人には不向き。

IMG_7259


サンドイッチやスープ、デザート、飲み物。サンドイッチはハーフもあり、どれを頼んでも良い。ベジタリアンやヴィーガンにも対応している。

FullSizeRender


朝の烏丸通り。いったん、出勤した。
IMG_7260


早い目の昼食でホテルに戻り、ゆったりした椅子に座る。
IMG_7261


2度目の朝食をランチとしていただく。
FullSizeRender

空気清浄機とアイロンを頼むと22時頃に届く。
事前に顔認証登録をしておくとチェックインや部屋に入るのも楽チン。部屋ではタブレットで温度など操作でき、チェックアウトも出来る。テレビもタブレットサイズで驚いたが、特に不自由は無かった。
とにかく多様なライフスタイルに合わせたホテルに対応するため、夜型の生活で朝ゆっくりする人や午前に観光してホテルで休憩しまた朝食を取れる人を想定している。

8月7日グランドオープン。三井不動産と三井不動産ホテルマネジメントが新ブランド「シークエンス」2軒目として地下鉄「五条」駅から北に3分の地に開業した。207室。

スタッフもTシャツでラフなスタイルだが、フレンドリーで親切だった。

京都でラグジュアリーなホテルと共にザ・セレスティン、ガーデンホテルの良質なホテルを展開する三井の新ブランドは一度お試しあれ。なかなか面食らうので、脳には刺激になるかも。