ケンちゃんの来て、みて

ホノルル3年、九州6年の生活を終えて2010年大阪に戻る。 その後、2012年4月からご縁があり京都府舞鶴市中心の生活を始め、自宅のある枚方とを行ったり来たり。 2018年も各地のおいしい食事やお酒、映画や音楽などを気ままに書いていきます。

カテゴリ:九州 > 九州見て歩き 長崎

ハウステンボスは2004年8月に日航ホテルに泊まって以来だから、実に4年ぶりだし、ホテルヨーロッパに泊まりたいから来たのかな。7月5日、長崎でチャンポンを食べてから2時過ぎに入国をした。荷物は場内ホテル受付で預けて、パスポートを受け取って入場ゲートを通過。 ...

グラバー邸は昔両親が福岡に住んでいたときに行っているが、今は「グラバー園」と呼び、市内に点在した9つの洋館が集められているとは知らなかった。グラバー園内を約1時間半、長崎に住んだイギリス人たちの足跡をたどりながら洋館を出たり入ったりして歩いてみた。 動 ...

7月5日はハウステンボスのホテルを予約していた。4日たまたま仕事が重なり、それならとネットで長崎市内のホテルを探して、オランダ坂の下にある「モントレホテル」に予約を入れた。モントレホテルは長崎港に面した「水辺の森公園」や山手に近く、長崎らしさを感じさせる場所 ...

前回の雲仙では、白雲の池手前に車を置いて、絹笠山(870m)まで登っていったので、今回もどこか歩こうと考えていたが、島原に抜けたいので軽く1時間歩くことにした。ホテルに置いてあった雲仙散策マップを見て、地獄の周囲を大きく廻れそうなので、右周りで歩いてみた。 ...

九州ホテルへ6時前にチェックインして、ロビーでお茶を一杯もらい、プレミアム・ツインルームに案内してもらう。ドアを開けて靴を脱ぎ、クローゼットに上着とか預けて、ベッドが2つと応接セットの部屋に入る。クローゼットが部屋に無いのが面倒だけど、何より良いのは部屋が ...

外海地区から雲仙に向かったが、愛野町の展望台にある和泉屋ベルハウスで休憩した。カステラが食べれるかと聞くと、コーヒーショップを案内された。実はコーヒーを頼むと、カステラが2切れ出してくれるそうで、小腹が抑えられ思わずラッキー。これから小浜や雲仙に行く時は、 ...

途中、神浦で棚田百選の大中尾棚田の表示を見て立ち寄るが、時期的にオフのせいか荒れていて残念。ふたたび海沿いに戻り、出津(しつ)文化村へ向かう。 ...

3月に続いて長崎市外海(そとめ)地区を妻に見せたくて出かけた。今回のルートは3月の逆周りで、西海橋公園で桜と渦潮を見て、外海地区の出津文化村と遠藤周作文学館を見学し、雲仙に宿泊。翌日は島原市の水めぐり。 ...

昼食後、いよいよ旧外海町の中心地にある「出津(しつ)文化村」へ入る。町ぐるみ博物館(エコミュゼ外海)のコンセプトで、出津教会やド・ロ神父記念館を含む旧出津救助院、外海歴史民俗資料館、外海子ども博物館、沈黙の碑などを歩き回ることが出来る。 ...

3月16日は時津町から長崎市外海地区に走った。約30分で道の駅「夕陽が丘そとめ」に到着し、隣接している「遠藤周作文学館」へ階段を下りて歩いていった。車で直接文学館へ行くことも出来る。ここは五島灘や出津文化村などが一望できる大変眺めの良い場所にある。 ...

このページのトップヘ