ケンちゃんの来て、みて

ホノルル3年、九州6年の生活を終えて大阪に戻りましたが、 2012年4月からご縁があり京都府舞鶴市との二地域居住というか、 舞鶴中心の生活を始めました。 これからも各地のおいしい食事やお酒、映画や音楽などを気ままに 書いていきます。

カテゴリ: 北前船ゆかりの地

青森県の西方にある深浦町は北海道と大阪を結ぶ北前船で江戸時代から明治時代中期にかけて賑わった町として知られている。 日本遺産に全国7道県11市町の「北前船寄港地・船主集落」が本年選ばれたこともあり、7月3日は北前船寄港地フォーラムを開催した深浦町に飯 ...

三国湊は北前船交易で大いに繁栄し、九頭竜川の土砂堆積工事に豪商たちが競って私財を出しことや、北陸三大祭りの一つ「三国祭」を盛大に執り行ったと聞いた。 そのゆえか、三国神社の、地域一番とはいえ規模の大きさには驚かされた。 ...

北前船で栄えた坂井市三国町のまち歩き。料理茶屋 魚志楼から歩きだし、格子戸の連なる町家や豪商の面影の残る歴史的な建物をめぐるコース。「きたまえ三国」のボランティアガイドに案内してもらった。 料亭たかだやは詩人三好達治は昭和19年から5年、三国町に ...

6月14日、「若狭湾は一つ、北前船ネットワーク」メンバーの宮津観光アテンダントまちなか案内人の会企画のバスツアーで、北前船で栄えたまち福井県の今は坂井市となった三国町を訪ねた。 東尋坊や芦原温泉まですぐ近くにあることを実感したツアーでもあった。 ...

祝㊗️  北前船  日本遺産認定‼️  少し古いですが、北前船のテーマなので上げておきます。 11月29日は舞鶴市と宮津市を分ける由良川に面した丹後由良のまち歩きを実施した。テーマは「丹後由良の『北前船』ゆかりの地を訪ね ...

日本の近代化産業遺産は舞鶴市に180以上あり、そのうちの一つが赤れんがを焼いたホフマン窯です。現在日本に4つ残るが、丹後神崎のホフマン窯は唯一見学出来る貴重なもの。 秋に1回だけ特別に公開した「まいづる四季旅」で、ホフマン窯と北前船ゆかりの神崎を訪ねた。 ...

このページのトップヘ