ケンちゃんの来て、みて

ホノルル3年、九州6年の生活を終えて2010年大阪に戻る。 その後、2012年4月からご縁があり京都府舞鶴市中心の生活を始め、自宅のある枚方とを行ったり来たり。 2018年も各地のおいしい食事やお酒、映画や音楽などを気ままに書いていきます。

カテゴリ:国内旅行 > 中国ー山陰・山陽

4月26日、全国でも本陣と脇本陣が同じ街道宿にあるのは矢掛町しかないそうで、旧矢掛本陣石井家住宅を見学した。宿泊者を示す宿札。宿や休とある。ボランティアガイドが常駐されている。欄間や随所に手がかかっているのが分かる。酒蔵の展示スペース。17世紀に発展した町を紹 ...

4月25日、矢掛の街並みをぶらぶら散策し部屋に戻り一休み。矢掛屋では「銀杏の間」を選んだが長屋門をうまく改修している。玄関に入ると右側にこんなドア。ツインの部屋。大きなあかりと梁が印象的。二階があり、ちょうど長屋門の部分になる。バスとトイレは分離している。キ ...

4月25日、岡山県の旧山陽道沿いの矢掛宿。まずは矢掛駅に立ち寄る。町役場に産業観光課を訪ねる。そのあと、今夜の宿・矢掛屋にチェックイン。長屋門を使った「銀杏の間」に案内してもらう。初めての古民家というか長屋門の宿泊体験。落ち着いたので夕食まで街道筋を歩く。旧 ...

山陰への旅の最後は、大山。関西からいける山岳リゾートはここしかないが、実に久しぶりで、1997年以来かなあ。おすすめの大山まきばみるくの里。2時前なので、ゆっくり食べれた。牧場なのに、モサエビと県産旬野菜のパスタとは。食後はもちろんこれ。以前に行けなかった大山 ...

まずは「和鋼博物館」。奥出雲町、雲南市、安来市で構成する「鉄の道文化圏」の各文化館として1993年開館。日立製作所(現、日立金属)安来工場付属博物館としての歴史を持つ。展示スペースは撮影禁止でした。近代のたたら製鉄の積出港として栄えた安来市の近代から現代のは ...

3月25日、いよいよ山陰への旅も最終で、温泉宿「皆生ホテル」へ。部屋は掘りごたつのリビングスペースとツインベッド。海の眺望が良く、このベッドは寝やすかった。周辺を散歩。相変わらず、夜の街は健在でした。この後ろの櫓が泉源なのかな。温泉街を歩くが風も強く、日曜は ...

美保関から安来に向かった。道の駅に立ち寄るが、2日続けて簡単な食事はやめて移動することに。あれこれ調べて、和鋼博物館近くのレストラン「グランパ」に行くことにした。行ってみたら、ドンピシャ。同じ建物でした。夜向けの雰囲気。ランチコース。ブロシェットは久しぶり ...

3月25日、境港から美保に向かう。美保神社に到着。10時からのガイドツアーに遭遇。狛犬も古そう。しめ縄が逆とか。北前船の絵馬。美しい屋根の拝殿。美保神社に繋がる青石畳通り。北前船で栄え、遊郭やいろんな店で賑わったとか。青石だが実際は緑色。古い遊郭の通り。ガイド ...

3月23日、ホテルにチェックインして少し休憩して、夕食の待ち合わせまで街を歩いた。八百万の神が連なる出雲の国。松江散歩で早速神社の境内をぐるり。大橋川の東を眺める。川べりに健在だったおでん「庄助」。ここにも八軒屋。堀川めぐり乗り場あたり。隠岐料理の「鶴丸」も ...

3月24日、雲南市吉田から奥出雲町へ回り、松江藩鉄師頭取絲原資料館を訪ねた。絲原記念館に入る。館内は撮影禁止。居宅は国の有形登録文化財。建坪350坪、部屋数40室の大邸宅往時の繁栄が伝わる庭園映画「絶唱」のロケ地だった昨夜飲んだ「七冠馬(ななかんば)」の簸上 ...

このページのトップヘ